住宅改修について

安心して動作できる工夫を

玄関

玄関悩み玄関の上がり框の段差が高いと、足を高くあげて段差を乗り越えるときや靴の脱ぎ履きに苦労する場合があります。また、転ぶのでは、と不安を抱く場合もあります。

玄関手すり設置そんな時にしっかりと掴まることのできる手すりがあれば、玄関の出入りを安心してかつ安全に行うことができます。外出の機会が減ることなく、趣味や地域との交流などが継続できることは健康寿命を延ばすことにもつながります。


トイレ

トイレの悩みトイレは一日に4回~十数回入る個別なスペースです。よってその中の動作は安全に行うことが重要です。しかしトイレの中で行う動作は意外に動作の工程が多いものです。例えば正面の便器に対して180°の方向転換をする、中腰でズボンや下着を上げ下げする、または後方を向いて水洗のレバーを回すような動作などは、少しバランスを崩すと転倒しやすくなります。

トイレ手すり設置動作が不安定になる場合は手すりなどで安全を確保することが重要となります。毎日のトイレ動作を安全に行うことで、「排泄」という人の体にとりとても重要な行為の目的を果たすことができます。

アシストの特長 福祉用具の選び方 住宅改修について 会社案内 お問い合わせ 会社情報